ゲームの魅力はアニメで決まる

軽快な動きを作る

ゲーム用のアニメーション制作は、ファイル数との戦いと言っても過言ではありません。
現場ではいかにして手間とコストを軽減するかを考えながら、アニメーション制作にあたらなければならないからです。
その一方で、アニメーションはスマホゲームに欠かせない存在でもあることから、制作会社はできるだけ多くのアニメーションシーンをゲーム内に入れたいとも考えています。
相反するこのふたつの要求を両立させるにはどうすればいいのか、それが制作会社の長年の悩みのタネでした。
ですが、それを解決してくれるソフトウェアが登場したことにより、アニメーション制作の現場はぐっと活気を増しました。

その救世主のようなソフトウェアは、名を「スパイン」と言います。
「スパイン」は、2Dアニメーション制作用のソフトウェアですが、ボーンという骨格データを組み込むことによって、今までにないリアルで滑らかな動きを誰でも簡単に表現できるようにした画期的なソフトウェアです。
それだけではありません。
今までは、滑らかな動きをさせるためにはそれを実現するための多くのファイルが必要だったのですが、「スパイン」は少ないファイル数でそれを実現してくれるのです。
ファイル数が少なくて済むということは、コストが軽減できるということでもあります。
一石二鳥どころか、一石三鳥のありがたいソフトウェア、それが「スパイン」なのです。

アニメーション制作の際には軽快な動きを実現できるし、それに伴ってコストの削減もできるのであれば使わない理由はないでしょう。
これは、アニメーション制作現場の負担を軽減することにもつながりますし、こうしたソフトウェアを導入することによって、制作会社はよりアニメーションシーンの多い、華やかなゲームを作ることができるようになったのです。
そして、それはユーザー獲得にもつながるのですから、「スパイン」の貢献度はとても大きいと言うことができるのではないでしょうか。

ページトップへ