ゲームの魅力はアニメで決まる

様々な技術

ゲーム内で使用されているアニメーションの演出には、様々な種類があります。
同じ動きを繰り返すだけの単純なものもあれば、リアルで滑らかな動きを再現したもの、ステージ場面の切り替えなどもアニメーションで制作されています。
それらはゲームエンジンによって動いていて、スマートフォンやタブレット、家庭用ゲーム機などのプラットフォームによって使用できるものが違ってきます。
そのため、より多くの人にゲームを楽しんでもらうためには、できるだけ多くのゲームエンジンに対応したゲームを制作する必要があり、ゲーム内で使用されるアニメーションの制作用ソフトウェアもそれらに対応できるものを使わなくてはいけないのです。

技術というものは、「求められる」と「発展」「進化」するものです。
つまり、需要の高い技術ほど、新しい機能が生まれやすいということです。
当たり前のことですが、「需要」のあるところに「供給」することは、「利益」につながるものです。

ゲーム用のアニメーション制作の現場では、手間やコストの軽減を実現してくれることに加えて、リアルで滑らかな動きを実現するソフトウェアが長い間求められてきました。
現場を知らない第三者からすれば欲張りな「需要」だと思われるかもしれませんが、多くの人に楽しんでもらえるゲームを作るには、華やかなアニメーションシーンは欠かせません。
しかし、そのような演出を増やすと手間やコストも跳ね上がるため、開発会社と制作現場の人々は長年頭を悩ませてきました。
そのような技術の発展を願う現場の声が大きかったことから、ソフトウェアの開発が進み、今日のゲーム用アニメーション制作ソフトウェアが生まれたのです。

様々なゲームエンジンに対応していて、大勢の人達が同じように楽しむことができるゲームは、アニメーション制作者やソフトウェアの開発者の努力の上に成り立っているのだということを覚えておいても損はないでしょう。

ページトップへ